※PR:記事内に商品プロモーションを含む場合があります

便利・お悩み解決

【無料】知らない電話番号調べる方法!検索しても出てこない場合の対処法も

2024年6月3日

知らない電話番号からの着信、どう対処したらいいのか困ったことはありませんか?この記事では、そんな悩みを解決するための具体的な方法をご紹介します。
安全に、そして効率的に知らない電話番号の情報を確認し、必要な対策を講じるための手助けとなるでしょう。

この記事でわかること

  • 知らない電話番号の調査方法
  • 安全性を確認するための具体的な対策
  • 迷惑電話の対処法

それでは「【無料】知らない電話番号調べる方法!検索しても出てこない場合の対処法も」について解説していきます。

知らない電話番号とは?

まず、知らない電話番号からの着信があった場合、誰からの電話か分からず不安になることがあります。
この記事では、知らない電話番号がどのようなケースに該当するのか、そしてどのように対応すればよいのかを具体的に解説します。

①公共機関やその他関連業者からの電話

知らない電話番号からの着信の一つのケースとして、公共機関やその他関連業者からの電話があります。
例えば、以下のような場合が考えられます。

  • 市役所や区役所からの連絡
  • 学校や教育機関からの連絡
  • 公共のサービスやインフラ関連の通知(電力会社、水道局など)

これらの電話は重要な連絡事項を含むことが多いため、無視するのではなく、内容を確認することが大切です。

②営業電話や迷惑電話

一方で、営業電話や迷惑電話もよくあるケースです。
これらの電話は以下のような内容であることが多いです。

  • 新しい商品やサービスの勧誘
  • クレジットカードや保険の勧誘
  • マーケティング調査やアンケートの依頼

これらの電話はしばしば迷惑と感じることが多く、特に営業目的の電話は断ることが重要です。
また、個人情報を不正に取得しようとする詐欺電話も存在するため、注意が必要です。

知らない電話番号の原因と種類

次に、知らない電話番号からの着信がどのような原因で発生するのか、具体的な種類について説明します。

①名刺交換をした人や会社

名刺交換をした人や会社からの連絡が来ることがあります。
これは、ビジネスの場面でよく見られるケースです。例えば、以下のような状況が考えられます。

  • 取引先や顧客からのフォローアップ
  • 新しいビジネスチャンスや提案
  • イベントやセミナーの案内

こうした電話は重要な内容を含むことが多いので、できるだけ迅速に対応することが推奨されます。

②行政機関や利用サービス関連

行政機関や利用しているサービス関連の電話もあります。例えば、以下のような例があります。

  • 役所や公共機関からの連絡(税金の支払い通知、選挙の案内など)
  • 利用中のサービス(インターネットプロバイダー、携帯電話会社など)からの案内
  • 通知や確認事項の連絡

これらの電話は、あなたの生活に直接関わる重要な情報を含むことが多いため、しっかりと確認することが必要です。

③営業電話や迷惑電話

営業電話や迷惑電話のケースも考えられます。
これは、先ほども触れましたが、特に以下のような内容が含まれることが多いです。

  • 商品やサービスの勧誘
  • クレジットカードや保険の勧誘
  • マーケティング目的の電話

迷惑電話や営業電話は、しっかりと対策を講じることでトラブルを避けることができます。
例えば、電話番号をブロックする機能を活用したり、電話番号リストに登録することで、これらの電話を回避することが可能です。

以上が、知らない電話番号からの着信がどのような原因や種類に分けられるかの説明です。次に、具体的な対処法について解説していきます。

検索しても出てこない場合の対処法

知らない電話番号を調べても情報が出てこない場合は、いくつかの方法を試してみると良いでしょう。
ここでは、そんな時に役立つ対処法をいくつか紹介します。

①電話番号検索サイト「jpnumber」で検索

まず最初に試していただきたいのが、電話番号検索サイト「jpnumber(https://www.jpnumber.com/)」です。
このサイトは、多くのユーザーが迷惑電話の番号を共有しているため、特に営業電話や迷惑電話の番号を特定するのに役立ちます。

使い方は非常に簡単で、サイトにアクセスして該当する電話番号を入力するだけで、情報が見つかる可能性があります。

②Google検索で知らない電話番号を検索

次におすすめするのが、Google検索です。
Googleに電話番号を入力して検索すると、多くの場合、その番号に関する情報が表示されます。
特に、企業の電話番号や公共機関の電話番号の場合、公式サイトや関連するウェブページがヒットすることが多いです。
また、掲示板やSNSで同じ番号について議論されていることもあります。

③仕事用への着信はメールボックスなどを検索

仕事関連の電話番号であれば、メールボックスやメッセージアプリの履歴を確認するのも一つの方法です。

例えば、過去に取引先や顧客とやり取りしたメールの中に、該当する電話番号が記載されているかもしれません。
また、ビジネスチャットツールの履歴を遡ってみるのも効果的です。これにより、仕事に関する重要な電話を見逃さずに済みます。

④発信元を通知してくれる「Whoscall」アプリを利用

Whoscall」アプリを利用するのも有効な手段です。

このアプリは、着信時に発信元の情報を表示してくれるため、誰からの電話なのかを瞬時に確認することができます。
また、迷惑電話のデータベースも豊富で、怪しい電話番号をブロックする機能も備えています。
アプリは無料で利用できるため、一度インストールして試してみることをおすすめします。

アプリのダウンロードはこちら

⑤電話帳やメールボックスなどで電話番号を調べる

もう一つの方法として、電話帳やメールボックスで電話番号を調べることも考えられます。

古い電話帳や連絡先リストを見直すことで、忘れていた連絡先を見つけることができるかもしれません。
また、メールボックスには過去のやり取りが保存されていることが多いため、該当する電話番号が見つかることがあります。

これらの方法を組み合わせて活用することで、知らない電話番号の発信元を特定しやすくなります。電話番号を調べる際には、複数の手段を試してみることが重要です。これにより、安全にかつ迅速に対応することができるでしょ

⑥国番号でどの国からの電話番号か調べる

国番号を使って、どの国からの電話なのかを特定することも可能です。
電話番号の最初に「+」がついている場合、その後に続く数字が国番号です。例えば、「+1」はアメリカ、「+44」はイギリスを示しています。

海外からの電話を拒否する方法】iphone/android・キャリア別(ドコモ/au/ソフトバンク/楽天)も

⑦+からはじまる電話番号は海外からの電話

電話番号が「+」から始まる場合、それは海外からの電話であることを示しています。
国際電話の場合、その国の国番号を確認することで、発信元の国を特定することができます。

海外からの電話を拒否する方法】iphone/android・キャリア別(ドコモ/au/ソフトバンク/楽天)も

⑧電話会社に連絡して不明な番号を追跡する

最後に、電話会社に直接連絡して、不明な電話番号を追跡する方法もあります。
電話会社は、特定の番号について詳細な情報を提供できる場合がありますが、これも追加料金が発生することがあります。

知らない電話番号への対応方法

知らない電話番号から着信があった場合、どのように対応すれば良いか悩むことが多いですよね。
ここでは、知らない電話番号への具体的な対応方法を解説します。

①知らない番号を無視する

まず、知らない番号からの着信を無視することが最もシンプルな方法です。
特に、何度もかかってくる場合や、不明な発信者の場合は無視することでトラブルを回避できます。

②固定電話の場合市外局番をチェック

固定電話からの着信であれば、市外局番をチェックすることが有効です。
市外局番からどの地域からの電話なのかを確認できます。
例えば、あなたの住んでいる地域とは異なる市外局番からの電話であれば、不審に思う必要があります。

③0120や0800はフリーダイヤルなので営業電話の可能性が高い

電話番号が0120や0800で始まる場合、それはフリーダイヤル番号です。
これらの番号は、営業電話やサービス案内の可能性が高いです。
特に、興味のないサービスや商品の勧誘であれば、丁重に断るか無視するのが良いでしょう。

④携帯電話の場合「050」はIP電話の可能性もあるので要注意

携帯電話の番号が「050」で始まる場合、これはIP電話の番号である可能性があります。
IP電話はインターネットを利用した通話サービスで、詐欺電話や営業電話に使用されることもありますので、注意が必要です。

⑤非通知や国際電話は出ない

非通知や国際電話からの着信には出ない方が安全です。
非通知の場合、発信者が番号を隠しているため、信頼性に欠けます。
国際電話の場合、海外からの詐欺電話の可能性もあります。

海外からの電話を拒否する方法】iphone/android・キャリア別(ドコモ/au/ソフトバンク/楽天)も

⑥留守番電話を活用する

留守番電話を活用することも一つの方法です。
相手が重要な用件であれば、メッセージを残すでしょう。これにより、相手の意図や用件を確認することができます。

⑦相手を刺激せず早めに電話を切る

電話に出た場合でも、相手を刺激せずに早めに電話を切ることが重要です。
特に、不審な電話や営業電話の場合、冷静に対応し、丁重に断りましょう。

⑧名前や住所、家族構成など個人情報は伝えない

知らない相手には、名前や住所、家族構成などの個人情報を伝えないようにしましょう。
詐欺電話や悪質な電話の場合、個人情報を聞き出そうとすることがあります。これに対しては、慎重に対応することが必要です。

⑨身の危険を感じたら第三者に相談する

もしも電話の内容や相手の話し方に身の危険を感じた場合は、すぐに第三者に相談することが重要です。
警察や消費者センターなどの公的機関に連絡し、助言を求めましょう。

以上が、知らない電話番号への対応方法です。これらの対処法を実践することで、安全に対処し、トラブルを避けることができます。

迷惑電話の対策方法

迷惑電話は日常生活において非常に困る問題です。
ここでは、迷惑電話に対処するための具体的な方法を紹介します。

①迷惑電話リストのサイトを活用する

迷惑電話リストのサイトを活用することで、迷惑電話の番号を事前に把握することができます。
例えば、「jpnumber.com」などのサイトでは、多くのユーザーが迷惑電話の番号を共有しています。
これらのサイトで電話番号を検索し、迷惑電話であるかどうかを確認することができます。

②迷惑電話を自動ブロックする

迷惑電話を自動ブロックするアプリを利用することも有効です。
「Whoscall」や「Truecaller」などのアプリは、迷惑電話のデータベースを持っており、着信時に自動的にブロックしてくれます。
これにより、迷惑電話を受ける頻度を大幅に減らすことができます。

③着信拒否設定をする

電話機やスマートフォンの機能を利用して、迷惑電話の着信拒否設定をすることも効果的です。
特定の番号や非通知設定の電話番号をブロックすることができます。
これにより、迷惑電話の着信を防ぐことができます。具体的な設定方法は、使用している電話機やスマートフォンのマニュアルを参照してください。

これらの対策方法を実践することで、迷惑電話に対処しやすくなります。
迷惑電話はストレスを引き起こすことが多いため、適切な対策を講じて、安心して日常生活を送ることが大切です。


関連記事

海外からの電話を拒否する方法】iphone/android・キャリア別(ドコモ/au/ソフトバンク/楽天)も

「ただいま電話に出ることができません」なぜ?着信拒否との違いも

-便利・お悩み解決