※PR:記事内に商品プロモーションを含む場合があります

便利・お悩み解決

2024年最新|スタバがない国とは?なぜ?ある国との比較も

「スタバがない国があるって本当?」「なぜスタバが存在しない国があるの?」「なぜスタバがないのか理由や背景を知りたい!」
世界中どこでも見かけるスターバックス(通称スタバ)ですが、2024年、世界中のスタバの店舗はなんと3万8000店舗を超えたそう(出典:ヤフーニュース)。
最近、スタバがない国についても話題になっています。

子の記事では下記のような内容を解説していきます。

この記事でわかること

  • スタバがない国のリストと代表的な国の紹介
  • スタバがない理由:文化や政治的・経済的な問題
  • スタバがある国・ない国の比較、店舗数や特徴

 

それでは「2024年最新|スタバがない国とは?なぜ?ある国との比較も」について解説していきます。

スタバがない国とは?

スタバがない国のリスト

まず、スタバがない国について一覧でご紹介します。
スタバは世界中で非常に人気のあるコーヒーチェーンですが、いくつかの国には店舗が存在しません。
以下はそのリストです。

  • 北朝鮮
  • イラン
  • シリア
  • イエメン
  • リビア
  • ベラルーシ
  • モルディブ
  • モンゴル
  • スーダン
  • エリトリア
  • オーストラリア
  • ロシア

これらの国にスタバがない理由はさまざまですが、大まかに文化的・政治的・経済的な理由が挙げられます。

スタバがない国の

次に、代表的な国について具体的に見ていきましょう。

北朝鮮

北朝鮮は厳しい統制社会であり、外国企業の進出はほとんどありません。スタバも例外ではなく、北朝鮮に店舗を構えることはありません。

イラン

イランは政治的な理由で進出していません。
アメリカとイランの関係が悪化しているため、アメリカの企業であるスタバの進出は厳しい状況にあります。

シリア

シリアでは内戦が続いており、安定した経済活動が困難な状態です。このため、スタバは進出していません。

イエメン

イエメンもまた内戦が続いており、経済的にも非常に厳しい状況です。スタバが進出するにはリスクが大きすぎます。

リビア

リビアも政治的混乱が続いており、スタバが進出する環境にはありません。

ベラルーシ

ベラルーシでは、政治的な理由で大きく、スタバが進出していません。
同国の政権が外国企業に対して厳しい姿勢をとっているためです。

モルディブ

モルディブは観光業が主要な産業ですが、市場規模が小さく、スタバが進出するには経済的に見合わないと判断されているようです。

モンゴル

モンゴルは地理的に孤立しており、インフラもまだ十分ではありません。これがスタバの進出を妨げる要因となっています。

スーダン

スーダンもまた、政治的・経済的な不安定さが理由でスタバが進出していません。

エリトリア

エリトリアは非常に閉鎖的な国であり、外国企業の進出がほとんどありません。スタバも例外ではありません。

ロシア

ウクライナへの侵攻を受けて、2022年5月に撤退。同場所にはスタバにそっくりな「スターズ・コーヒー」がオープンした。

オーストラリア(撤退・売却)

オーストラリアは、根付いた独自のコーヒー文化(イタリア式のエスプレッソが基本)があり、2000年に進出するも撤退。
別会社に売却され、スタバの色は残し一部店舗は営業しています。

これらの国にスタバがない背景には、文化的・政治的・経済的な理由がさまざまあります。
各国の状況を理解することで、スタバのグローバルな展開戦略についても深く知ることができます。

なぜスタバがないのか?その理由

①コーヒー文化との相性

スタバが進出しない国の一つの理由は、その国の既存のコーヒー文化とスタバのスタイルが合わないことです。
バルト3国(エストニア、ラトビア、リトアニア)でも同様に、地元のカフェや独自のコーヒー文化が根付いており、スタバが進出しても成功する見込みが低いと判断されています。

②政治的理由(イラン、キューバなど)

政治的な理由もスタバがない国の一因です。
イランやキューバでは、アメリカとの関係が緊張しており、アメリカ企業であるスタバの進出が困難です。
これらの国々では、外国企業に対する規制が厳しく、特にアメリカ企業に対しては政治的な対立が進出を妨げています。

③経済的・社会的課題(ミャンマー、北朝鮮など)

経済的・社会的な課題もスタバがない理由です。
ミャンマーや北朝鮮では、経済状況が不安定であり、スタバのような高価格帯のコーヒーチェーンが受け入れられる市場環境が整っていません。
さらに、社会的な課題として、これらの国々では外資系企業の受け入れが難しい政治的な体制が存在します。

④紛争と経済制裁(イエメン、リビア、エリトリアなど)

紛争や経済制裁もスタバの進出を妨げる要因です。
イエメン、リビア、エリトリアでは、政治的な不安定さや内戦が続いており、安全にビジネスを展開することが難しい状況です。
これらの国々では、インフラも十分に整っておらず、スタバのような外食産業が根付く環境が整っていません。

 

以上のように、スタバがない国にはそれぞれの背景や理由があります。
政治的な要因、経済的な課題、文化的な違いなど、様々な要素が絡み合ってスタバの進出が難しくなっています。

スタバがある国とない国の比較

スタバがある国、ない国の特徴

スタバがある国とない国の違いにはいくつかの特徴があります。
スタバがある国は、一般的に経済的に安定しており、中産階級が多い国々です。
これらの国々では、外食やカフェ文化が根付いており、人々はスタバのようなカフェチェーンを好む傾向があります。

一方でスタバがない国は、政治的・経済的な理由や課題を抱えていることあります。
また、独自のコーヒー文化が強い国もスタバが進出しにくい傾向にあります。

エリア別の比較(アジア・オセアニア・北米・中南米・ヨーロッパ・中東・アフリカ)

スタバの存在は地域ごとに異なります。以下はエリア別の比較です。

アジア

アジアでは、日本、中国、韓国、シンガポールなどの経済的に発展した国々に多くのスタバ店舗があります。
しかし、北朝鮮やミャンマーのような国々にはスタバはありません。

オセアニア

オセアニアでは、オーストラリアやニュージーランドにスタバがあります。
これらの国々はカフェ文化が強く、スタバの進出が成功しています。
※オーストラリアについては、コーヒー文化が根強く撤退しています(売却され営業)。

北米

スタバの発祥地であるアメリカを含む北米では、特にアメリカとカナダに多数の店舗があります。これらの国々はスタバの最大の市場です。

中南米

中南米では、ブラジルやメキシコなどの大きな市場にスタバがあります。一方、経済的に発展していない国々には店舗が少ないです。
ヨーロッパ: ヨーロッパでは、イギリス、フランス、ドイツなどの主要国に多くのスタバ店舗がありますが、東欧の一部の国々には少ないです。

中東

中東では、トルコやUAEなどにスタバがありますが、政治的な理由で進出が難しい国もあります。

アフリカ

アフリカでは、南アフリカなど一部の国にスタバがありますが、大部分の国にはまだ進出していません。

情報参考:スターバックス

世界のスタバ店舗数ランキング

スタバは世界中に数多くの店舗を展開しています。
以下は、いくつかの主要な国とその店舗数の概要です。

世界の店舗数は、2023年12月現在3万8587店です。

店舗数
アメリカ 1万6466店
中国 6975店
日本 1901店
韓国 1893店
カナダ 1465店
イギリス 1297店

(出典:ヤフーニュース

これらの国々はスタバの主要市場であり、多くの店舗が展開されています。

店舗数の多い国と人口に対する店舗密度

スタバの店舗数は国ごとに異なり、人口に対する店舗密度も異なります。
以下にいくつかの例を示します。

 

アメリカ

アメリカは人口が多く、スタバの店舗数も非常に多いため、店舗密度が高いです。ほとんどの都市には複数のスタバがあります。

中国

中国は人口が多いため、全体的な店舗数も多いですが、店舗密度は地域によって異なります。大都市では多くの店舗がありますが、地方には少ないです。

日本

日本では都市部を中心に多くのスタバが展開されており、店舗密度が高いです。

韓国

韓国は人口に対するスタバの店舗数が多く、特にソウルなどの都市部に集中しています。

カナダ

カナダも店舗密度が高く、特に都市部に多くのスタバがあります。

 

このように、スタバがある国とない国の違いには、経済的、文化的、政治的な要因が大きく影響しています。
スタバが進出している国々は、安定した市場と強いカフェ文化を持っていることが多いです。

スタバの進出計画と市場分析

地元コーヒーショップとの共存可能性

スタバは、進出する国や地域において、地元のコーヒーショップとどのように共存できるかを常に考慮しています。
スタバの戦略は、地元の文化や消費者のニーズに合わせた店舗運営を行うことです。

地元との協力

スタバは、地元のコーヒー豆を使用したり、地域限定のメニューを提供することで、地元のコーヒーショップと差別化を図りつつも共存する道を模索しています。
コミュニティへの貢献: 地元のイベントやコミュニティ活動に積極的に参加することで、地域社会に溶け込み、支持を得ることを目指しています。

品質とサービス

高品質のコーヒーと優れた顧客サービスを提供することで、地元のコーヒーショップと共存しながらも独自の魅力を発揮しています。

グローバルブランドの不在がもたらす機会

スタバが進出していない地域や国には、グローバルブランドがもたらすさまざまな機会があります。

市場の独占

スタバが存在しない市場では、地元のコーヒーショップがその市場を独占するチャンスがあります。これにより、地元ブランドの成長が促進されます。

競争の激化

新たなグローバルブランドの進出は、地元のコーヒーショップにとっては競争を激化させる要因となりますが、サービスや品質の向上を促すことにもつながります。

消費者の選択肢拡大

グローバルブランドの不在は、消費者にとって地元の多様なコーヒーショップを楽しむ機会を提供します。地元の独自性が強調され、消費者の選択肢が広がります。

世界と日本のスタバ事情

世界一スタバが多い国

世界で最もスタバが多い国はアメリカです。
アメリカには約15,000店舗以上のスタバがあり、全世界の店舗数の約40%を占めています。
スタバの本社がシアトルにあることもあり、アメリカはスタバの主要な市場となっています。

スタバが失敗した国

スタバはその成功にもかかわらず、いくつかの国では進出に失敗しています。
その一例がオーストラリアです。オーストラリアでは、地元のカフェ文化が非常に強く、スタバはその市場に適応するのに苦労しました。
結果として、多くの店舗が閉鎖されました。

原因: オーストラリアでは、地元のカフェが高品質なコーヒーと個性的なサービスを提供しており、スタバが差別化するのが難しかったことが一因です。

スターバックスがない都道府県

日本でもスタバがない都道府県がありました。例えば、鳥取県や島根県には長らくスターバックスがありませんでした。
しかし、近年の需要増加により、全ての都道府県にスタバがあります。

理由: 地域の人口密度や経済状況、消費者のニーズなどがスタバの進出に影響を与えています。

 

まとめ

スタバが存在しない国や地域には、さまざまな理由があります。
コーヒー文化との相性、政治的・経済的な課題、独自の文化などが影響し、スタバが進出している国々との比較を通じて、その違いや特徴も明らかになりました。
スタバは地域ごとの特性を考慮しながら、地元と協力し、コミュニティに貢献することで成功を収めています。

今後も、スタバがどのように世界中でその存在感を発揮し続けるのか、注目していきたいと思います。


-便利・お悩み解決