※PR:記事内に商品プロモーションを含む場合があります

副業

【プロが比較】webデザインスクールおすすめ4選!失敗しない選び方も

いま、在宅でできる仕事の需要が高まり、手に職が就くという点でも「webデザイナー」になりたいという人が増えています。
今回は、webデザインのほか広告関係のプロのデザイナーとして働く筆者が「webデザインスクール」の失敗しない選び方に加え、実際のwebスクールを徹底比較していきたいと思います。

これから「webデザイナー」の仕事をしたいと思っている人は必見です。

この記事でわかること
・自分に合った「webデザインスクール」の失敗しない選び方がわかる
・プロが選ぶおすすめの「webデザインスクール」がわかる

それでは「【プロが比較】おすすめのwebデザインスクール4選!失敗しない選び方」についてお伝えしていきます。

 

【プロが比較】失敗したくない!webデザインスクールのおすすめの選び方!

webデザインスクールのおすすめの選び方!目的を明確に

「webデザインスクール」を選ぶ前に、まずは目的を明確にしましょう。
チェック項目は大きく分けて下記の5つ。

①授業の形式は?通学?オンライン?

「webデザインスクール」は、通学またはオンラインの授業形式があります。あなたはどちらで学びたいですか。
それぞれメリットとデメリットを挙げていきましょう。

通学のメリット・デメリット

メリット:パソコンやソフトなどの設備が整っている。スクールによっては、先生に直接質問ができる。通学するという義務感があるので、比較的最後まで続けやすい。
デメリット:通学時間・交通費がかかる。

オンラインのメリット・デメリット

メリット:いつでも・どこでも気軽に受講できる。自分でパソコン・ソフトなどを揃える必要がある。
デメリット:やるもやらないも自分次第。挫折してしまう例も。最後までやり抜く思いが重要。

②使用ソフトが安く使える制度はある?

webデザイナーでは、adobe(アドビ)社のillustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)などのパソコンソフトを主に使用します。
通常で利用すると年間7万5000円ほどかかってしまうので、学割制度などで安くソフトが使えるところがおすすめです。

 

③学習内容やカリキュラムなど

次の転職までの短期間でサックっと学びたいのか、産休中や休職中にじっくり学びたいのか。少し知識があるのか、全くの初心者なのかそれぞれだと思います。さらに自分がどうなりたいか(会社務め・独立・のちに独立など)に合わせた学習内容を選ぶことが重要。ネットだけでは、情報が少ないことがあります。
無料の資料請求や説明会があるとより◎

 

④期間や費用は?

費用は、約150,000円~約700,000円と幅があり、スクール・コースによってもさまざまです。
なかなか授業料を一括で払いにくい人は、社会人であっても学生ローンや分割払いが使えるところもあります。

⑤就職・転職サポートはある?

受講を終えたあとに、就職や転職のサポートがあると良いですね。
受講を終えただけでは、ままだまだ実務経験のない状態。即戦力の経験者が求められるこの業界では、1人で就職活動するのはなかなか難しいものがあります。
いきなりフリーランスとして独立するのも悪くはないですが、年齢や能力はそれぞれですので一概に言えることではありませんが、一度会社に入ることのメリットはあります。現場の様々なテクニックやお客さんとのやり取りが学べるからです。

 

【プロが比較】おすすめのwebデザインスクール00選!徹底比較

それでは、デザインスクールを徹底比較していきます。

①デジタルハリウッド

デジタルハリウッドのイメージ画像

引用:デジタルハリウッド公式サイト

授業はもちろん、就職支援までがっちりサポート

「webデザインスクール」といえば、「デジタルハリウッド」というくらい有名なスクールです。卒業生はこれまで9万人以上。実績があることは強みです。
基本的には、動画授業が主なので、24時間受講が可能。動画教材のメリットは、何度でも繰り返して見直しができる点。分からないところはテキストで質問が可能です。
コースは、目的に合わせた4コースから選べます。webデザイナーとしての基本的な内容から、コースによってはライティング(文章制作)、カメラ撮影などの講義もあり、独立も目指せます。
受講開始後から同じ受講仲間との交流や情報交換が可能。受講完了後もデジタルハリウッド独自の仕事情報サイト「Job Style Search」が利用でき、仕事を受注することも可能。就活サポートのためのゼミもあります。

 

①授業形式 オンライン
②学習内容 4コース
(フリーランスプラン・在宅・副業プラン・就転職プラン・短期集中プラン)
自分に合ったコースが選べます。
③ソフト割引制度 あり
④期間・費用 フリーランスプラン:8か月/437,800円
在宅・副業プラン:7か月/393,800円
就転職プラン:7か月/281,600円
短期集中プラン:3か月/203,500円
※分割あり(オリコショッピングローン)
⑤就職・転職サポート あり

 

ここがポイント

自分のなりたいビジョンに合わせてコースが選べるのが魅力。フリーランスとして独立したい方向けのコースもあり。
自分のペースで進めたい方向け。大手だけあって仲間との交流の場や、仕事情報サイトや就職支援などが充実しています。

 

「デジタルハリウッド 」の公式サイトはこちら

 

②デジタルハリウッド STUDIO by LIG

web会社が運営。現場のテクニックが学べる

デジタルハリウッドスタジオ×LIGイメージ画像

引用:デジタルハリウッドSTUDIO by LIG公式サイト

上記で挙げた「デジタルハリウッド 」と東京のwebデザイン会社「LIG」が共同で運営する「デジタルハリウッド STUDIO by LIG」

web会社が運営するデザインスクールの強みで、現場のプロの動画授業が受けられます。さらに現役のデザイナーによるライブ授業なども
基本的には、動画授業が主なので、24時間受講が可能。動画教材のメリットは、何度でも繰り返して見直しができる点。分からないところは個別でトレーナーへ質問が可能です。
授業は、設備が整った教室で受けてもいいし、自身の空いた時間に自宅でも学習できます。仕事と両立したい方は、平日は自宅で学習して週末は教室で、といった通い方もできますね。ただ、スクールは、上野・池袋・大宮・北千住・川崎のみ。通学ならではのサポートが特化しているので、できれば通学範囲の方が◎。

転職カウンセラーによるマンツーマンで現場の採用基準をもとに、履歴書・経歴書の添削のサポートや面接で必要なポートフォリオ(作品集)の添削もしてくれるのは嬉しいポイント。しかも、卒業後も転職のサポートは無期限利用可能。

①授業形式 通学+オンライン(動画授業) 自分の好きなようにカスタマイズ
※教室は上野・池袋・大宮・北千住・川崎のみ
②学習内容 1コース
webデザイナーになる基本的な内容のほか、企画提案やサイト作成の流れなど実践的な内容も学べる
③ソフト割引制度 あり
④期間・費用 6か月/495,000円(分割あり¥5400~)
⑤就職・転職サポート マンツーマンサポートあり(履歴書・経歴書の添削、ポートフォリオの添削など)

 

ここがポイント

プロのwebデザイナーから、生きた知識・情報を得られるスクール。マンツーマンで履歴書・ポートフォリオの添削をしてくれるのはここだけ。
webデザイナーとしてフリーランスではなく、会社に転職をしたい方におすすめのスクールです。

現在「無料のオンライン説明会」を開催中。友人や家族と参加OKなので気軽に参加できます。

「デジタルハリウッド STUDIO by LIG」の公式サイトはこちら

無料の説明会の予約はこちら

 

③ZeroPlus(ゼロプラス)

通学制少人数・マンツーマン制あり。学生はオトク

「ゼロプラス」の強みは、マンツーマンレッスンがあることです。先生がマンツーマンで対応してくれるので、わからないところもすぐに解消でき、動画授業だけでは心配な方におすすめ(一部動画授業あり)。マンツーマンなので授業も自由に組むことができるので、忙しい方にも。
そのほかのコース{オフラインコース(通学型)とオンラインコース}は、少人数制のコース。同じ目標に一緒に頑張る仲間と学習を進められるのは、心強いですね。ただ、授業スケジュールが決まっているため、調整しにくかったり、質問がしにくかったりと不便さを感じる人もいるかもしれません。
就職サポートは、カウンセリングやエントリーシートの添削、面接対策など。就職企業の紹介もありますが、自身で就職先を探すことも視野に入れましょう。

①授業形式 通学(※池袋のみ) or オンライン
②学習内容 3コース
・オフラインコース(通学型)
・オンラインコース
・オンライン個別コース(マンツーマン)
webデザイナーになる基本的な内容
③ソフト割引制度 なし
④期間・費用 ・オフラインコース(通学型):6ヶ月/492,800  円
・オンラインコース:4ヶ月/492,800  円
・オンライン個別コース(マンツーマン):1年以内/657,800
※すべてのメニュー学生は55,000円割引
⑤就職・転職サポート あり

ここがポイント

学割があるので、学生は安いプランで受講可能。在学中に、就職のために勉強したいならこちらのスクールがおすすめです。他にはない、「少人数制」「マンツーマン制」が選べます。

現在「無料のオンライン説明会」を開催中

「ZeroPlus(ゼロプラス)」の公式サイトはこちら

無料の説明会の予約はこちら

 

 

④famm(ファム)

ママに特化したスクール。ベビーシッター(¥0)制度が使える

これまで2000名のママが卒業し、離脱者0人というとにかくママに優しいスクール。
忙しいママに向けたスクールで、1か月で完結し、他のスクールに比べ価格も180,000円とリーズナブルな価格です。ベビーシッターが0円いうのも驚きです。
学習内容は、短期間のためwebデザイナーになる最低限の内容です。実際にwebデザイナーとして働いている人もいるようですが、ただプロから言うと
1か月で全くの未経験が受講後は、独立して収入を得られるかといったら、正直大変です。産休明け、就職に向けて手に職をつける目的では十分だと思いますし、一度就職し、実務経験を積んだのちに独立という道もあります。

 

①授業形式 オンライン
②学習内容 1コース
webデザイナーの基本的な内容
③ソフト割引制度 Macbookのレンタルあり(月11,000円~)
④期間・費用 1か月~/180,000 円(分割あり10,000~/月)
⑤就職・転職サポート あり

 

現在「受講料無料キャンペーン」を実施中!※独自の採点方式あり

「famm(ファム)」の公式サイトはこちら

無料の説明会の予約はこちら

 

番外編:全国の職業訓練所

「職業訓練」というものをご存知ですか。正式には「公共職業訓練、求職者支援訓練」(ハロートレーニング)ともいいます。
希望する仕事に就くための必要なスキルや知識などを習得することが目的の公的な制度です。
窓口は、全国のハローワークなので、なかなかお金の工面ができない方などは、税金で運営されているので無料で受けられるのが利点でもあります。
こちらの「職業訓練」の授業の中でも、「webデザイン」が学べるコースが地域によってはあります。さらにハローワークが窓口なので、就職支援もしてくれます。
ただこちらは本当に初心者向けのクラスなので、これから本気でwebデザイナーを目指す方は、先に挙げたスクールをおすすめします。

▶厚生労働省「ハロートレーニング」のページはこちら

 

まとめ

いかがでしたか。ご紹介したスクールを再度掲載しておきます。

大手のスクールで自宅で学ぶ+自分に合ったコースを選びたいなら
①デジタルハリウッド
「デジタルハリウッド 」の公式サイトはこちら

プロから通学でもオンラインでも学びたい+就活サポートも充実したところなら
②デジタルハリウッド STUDIO by LIG
「デジタルハリウッド STUDIO by LIG」の公式サイトはこちら

学割あり!在学中に手に職をつけたいなら
③ZeroPlus(ゼロプラス)
「ZeroPlus(ゼロプラス)」の公式サイトはこちら

ママに特化!子供がいても学びたいなら
④famm(ファム)
「famm(ファム)」の公式サイトはこちら

あなたに合うスクールは見つかりましたか。
あなたのキャリアアップに繋がりますように。
最後までお読みいただきありがとうございました。

-副業