※PR:記事内に商品プロモーションを含む場合があります

遊び

ディズニーの調査カードの意味や渡される人は?特典は?渡し忘れた場合も

2023年12月3日

東京ディズニーランドで無作為に渡される「調査カード」というものをご存知ですか。
皆が渡されるものではないので渡されたら「ラッキー!?」「何に使うの?」と話題になっています。

この記事ではそんな「調査カード」の意味や選ばれる人の特徴、さらには特典や渡し忘れた場合の対処法もまとめました。

それでは「ディズニーの調査カードの意味や選ばれる人は?特典は?渡し忘れた場合も」についてお伝えしていきます。

 

ディズニー 調査カードとは?意味も

ディズニー 調査カードとは一体何なのでしょうか。意味についても解説していきます。

ディズニー 調査カードとは?

ディズニー 調査カードは、キャストに無作為に渡される1枚のカードです
表にはバーコードのほか「(アトラクション)の入り口でキャストにお渡しください」の文言。
裏には、時間が記載されています。

ディズニー 調査カードの意味とは?

ディズニーで渡される「調査カード」は、パーク内のアトラクションの待ち時間を調査するツールです。
アトラクションに乗ろうとするときに気になるのが待ち時間ですよね。
アプリや掲示板などでただいまの待ち時間「000分」と表示されますが、これは調査カードが活用され、より効率的にアトラクションを楽しむための手段となっています。

ディズニーの調査カードは、ゲストがパーク滞在をより楽しく、効率的に過ごすための必須アイテムです。



 

ディズニーで調査カード渡される人は?確率は?

ディズニーで調査カード渡される人は特徴があるのでしょうか。また確率はどのくらいなのでしょうか。

ディズニーで調査カード渡される人は?

ディズニーで調査カードを渡されるのは、アトラクションの列に並んだゲストです
調査すると、決まった時間に渡される場合と行列が長くなり待ち時間が変更されそうな場合の最後尾で渡されているようです。

ディズニーで調査カード渡される確率は?

ディズニーで調査カード渡される確率は、調査すると1%以下と低いようです。
ただSNSでは1日2回も渡されたことがあるという人もいます。

ディズニー 調査カードで特典はある?

ディズニーの調査カードを返却すると特典があるのでしょうか。
答えはNO。残念ながら、特典はありませんが、渡される確率が低いこのカード。
渡されたことがラッキーだと思って、調査に協力しましょう。

 

ディズニー 調査カードを渡し忘れた場合は?

ディズニー 調査カードを渡し忘れた場合は、どうすればいいのでしょうか。
調査カードが戻ってこないと待ち時間の計測ができません。
忘れてしまった場合は、気付いた時点で(アトラクションに戻らなくても)近くにいるキャストにその旨を言いましょう
キャストが回収してくれ、調査カードのカウントを無効にすることで、待ち時間の調査も改めて行われます。

まとめ

ディズニーの「調査カード」について解説してきました。
事務的な「調査カード」であっても、ディズニーの中で渡されればたちまち「ラッキー」なものに変わるマジックは、夢の国ならではなのかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。



-遊び